入院のご案内

回復期リハビリテーション病棟

「回復期リハビリテーション病棟」をご存じですか?

患者様ひとりひとりの笑顔のために、私たちは心をこめてお手伝いいたします。

治療や手術後の早期自宅復帰へのバックアップ、在宅生活へのサポートなど万全のチーム医療で在宅復帰を応援します。

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折等の患者様に対して、ADL(日常生活動作)能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士等が協同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行う病棟です。

入院対象となる患者様

リハビリテーションではいろいろな病気を診療しますが、特に「活動の制限」を起こす病気はほとんどが対象となります。

回復期チャート
  • 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症後若しくは手術後2か月以内
  • 大腿骨、骨盤、脊椎等の骨折の発症後若しくは手術後2か月以内
  • 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後2か月以内
  • 大腿骨、骨盤、脊椎等の神経筋又は靱帯損傷後1か月以内
  • 股関節又は膝関節の置換術後1か月以内

病棟専従スタッフ

理学療法士・作業療法士が患者様の状態にあわせて治療プログラムをたて実施します。スタッフ間で情報を交換し、共通の目標を掲げ家庭・社会復帰へ向けた支援を行います。

病棟専従スタッフ

当院の特徴

回復期リハビリテーション病棟は、瀬戸内海を望む5階に設置されています。1つ上の6階には理学療法室、作業療法室が整備されており、リハビリが行いやすい環境となっております。

私たちは起床から就寝に至る1日の生活の流れ(整容・更衣・移動・食事・排泄・入浴など)の動作全てをリハビリテーションの一環と考え、患者様一人一人の家庭・社会生活への復帰を目指し、個々に合わせた援助を行っています。

当院の家庭・社会復帰までの大まかな流れ

フロー

家庭復帰された場合も患者様の不安を取り除くようフォローを行っていきます。

トップに戻る

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床とは

急性期病院から在宅復帰への橋渡し

地域包括ケア病床

高度急性期病院等で治療を受けた患者さんの中には、急性期治療が終わってもまだまだしっかりと治療が必要な患者さんがいらっしゃいます。

地域包括ケア病床ではそういった急性期病院 からご紹介の患者さん、またご自宅や施設で肺炎や発熱で体調を崩された患者さんをお受入れし、医療、看護、リハビリテーションを積極的に行い在宅復帰を目指す病棟です。

在宅復帰をスムーズに行うために、医師、看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者等が協力して効率的に患者さんのリハビリテーションや在宅支援(相談・準備)を行っていきます。

トップに戻る

障害者病棟

障害者病棟とは

その人らしい生活を支える

障害者病棟とは疾病などで寝たきりや肢体不自由となった方、重度の障害や意識障害などの後遺症がある方、神経難病の患者さんなどを対象に治療、看護、リハビリテーションを行う病棟です。

障害者施設等一般病棟
入院の対象となる主な疾患
  • 重度の肢体不自由の方(脳卒中後遺症および認知症を除く)
  • 脊椎損傷等の重度の障害の方(脳卒中の後遺症および認知症を除く)
  • 重度の意識障害の方
  • 筋ジストロフィーの方
  • 神経難病の方
    (進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症)
    ・パーキンソン病
    ・多系統萎縮症
    (綿条体黒質変性症・オリーブ橋小脳萎縮症・シャイドレガー症候群)
    ・筋ジストロフィー ・多発性硬化症 ・重症筋無力症 ・スモン
    ・筋萎縮性側索硬化症 ・脊髄小脳変性症 ・ハンチントン病 
    ・プリオン病 ・亜急性硬化症全脳炎 ・ライソゾーム病
    ・副腎白質ジストロフィー ・脊髄性筋萎縮症 ・球脊髄性筋萎縮症
    ・慢性炎症性脱髄性多発神経炎 ・もやもや病

その他、急性期の治療が必要な方

トップに戻る

手続きの仕方

入院手続き

  1. 入院される方は、あらかじめ外来で診療を受けられ、主治医より入院許可を受けてください。
  2. 入院が許可された方は、健康保険証・各種受給者証等を持参の上、1階総合受付③番で入院手続きをしてください。(注)入院中、健康保険証・各種受給者証・連絡先などに変更があった場合は必ず1階総合受付またはナースステーションにご連絡ください。
  3. 入院届書の用紙に記入捺印の上、ご提出ください。

携帯品

  • 印鑑、筆記用具、洗面具、シャンプー、石けん、タオル、バスタオル、ティッシュペーパー、スリッパ、下着、湯呑、急須、お箸、現在内服中の薬(他院の薬も含め全て)
  • 電気製品を持ち込まれる方は、ナースステーションにご相談ください。
  • 盗難防止のため、貴重品、多額の現金はお持ちにならないでください。
  • 鋭利物(果物ナイフ、はさみ、カミソリなど)は医療安全の観点から、ナースステーションでお預かりすることもありますのでご了承ください。

当院では院内の感染対策とより手厚い看護を行うためにCSセットを導入しています。(レンタル)

貴重品

現金等の持ち込みは必要最小限にしてください。
また管理は、テレビ台の引き出しにあります保管庫で御自身でお願いします。
保管庫の鍵を紛失したときは、すみやかに看護師までお申し出ください。

面会

面会時間は、次のとおりです。
平日      午後3時30分 ~ 午後7時30分
土・日・祝祭日 午後1時00分 ~ 午後7時30分

  • 面会は、面会室を利用し、他の患者さんの迷惑にならないようお願いします。
  • 面会は、少人数で短時間(10分程度)にお願いします。
  • お子様は、感染防止のため特別のとき以外はご遠慮ください。

入院費用

  • 入院費用は、翌月10日ごろまでにお知らせします。1階総合受付⑤番でお支払いください。
    但し、月の途中で退院される方は、退院される時にお支払いください。
  • 社会保険、国民健康保険、医療券などすべて取り扱っております。
    個人負担金は、それぞれの規定によりお支払いいただきます。
  • 個室料金
    個室をご利用の場合は、使用期間中当院規定の個室料金が必要です。
呼称 使用料(1日につき) 設備
特別室 7,150円 バス、トイレ、電話、キッチン、冷蔵庫、応接セット、ロッカー
個室A 3,850円 トイレ、洗面所、ロッカー
個室B 3,080円 トイレ、洗面所、ロッカー
個室C 2,200円 洗面所、ロッカー

注)4階は個室Cのみ。
使用料には消費税が含まれています。
上記以外の設備をご利用の場合は、別途料金がかかります。

施設・その他の費用

  • 全自動洗濯機(1回100円)は各病棟、氷販売機は1階に備え付けていますのでご利用ください。
  • 有料テレビは、各ベッドに設置しています。イヤホンは各自でご用意ください。(売店にもあります。)
  • テレビカードは、各病棟の自動販売機で購入できます。(30時間1,000円)
  • 売店は1階にあります。
    営業時間
    平日  午前8時30分~午後5時00分
    土曜日 午前8時30分~午後1時00分(日・祝祭日は休み)
  • 病院内の施設等を紹介しています。院内インフォメーションチャンネル(2チャンネル・無料)をご覧ください。
  • 入院中の駐車場の使用は、ご遠慮ください。どうしても必要な場合は看護師までお申し出てください。
  • 公衆電話は、1階ロビーと4階、5階の看護師詰所前にあります。

医療などの相談窓口【医療社会事業】

2階 地域医療連携室

  • 医療費、保健、福祉制度、退院後のご相談は、2階医療社会事業係をご利用ください。
  • 当院では,退院後のアフターケアにも対応いたします。訪問看護や訪問リハビリテーションのご相談もお気軽にお寄せください。

次のことについてお守りください

  • 入院中は、医師、看護師、その他関係職員の指示にしたがって療養に専念してください。
  • 入院中の外出、外泊は原則としてできないことになっております。
    ただし、特に必要な場合は看護師に申し出て主治医の許可を得てください。
  • 入院中の飲酒は固く禁じます。また、当院では敷地内をすべて禁煙とさせていただいております。
    お見舞いに来られる方も含めて、禁煙にご理解とご協力をお願いいたします。
  • 病室の内外は、常に清潔にし、静かにしてください。
  • 入院中に他の医療機関での外来を受診される場合は、主治医、看護師等へご相談ください。
  • 電話での病状説明等は、お断りいたします。
  • 患者さんからの医師、看護師、病院職員への心づけ(贈り物)は、お断りするようになっておりますので、ご協力ください。
  • その他病院のきまり、診療上の指示については「入院届出書」のとおり保証人とともにお守りください。
  • 携帯電話は、医療機器の誤作動をきたす恐れがありますので、所定の場所でご使用するか、公衆電話をご利用ください。

携帯電話による会話及びメール等が可能な区域

  • 正面玄関の出入り口
  • 1階ロビー公衆電話付近
  • 各病棟の談話室
  • 病棟詰所前の公衆電話付近
  • 各病棟の個室

入院の際、ご不明な点がありましたら、1階総合受付へご相談ください。

トップに戻る


トップに
戻る