各部のご案内

リハビリテーション科

当科の特色

リハビリテーション科では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった専門スタッフが勤務しています。患者様が安心した生活が送れるように、入院から退院まで回復段階に応じたリハビリテーションを実施しています。

理学療法

理学療法とは病気やけが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行う治療です。

理学療法

作業療法

作業療法とは、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業日常生活のなかの動きや園芸、陶芸、工芸、手芸など)に焦点を当てた治療、指導、援助のことをいいます。

作業療法

言語聴覚療法

言語聴覚療法とはコミュニケーションや食べることに障害を持つ方々の言語や聴覚、摂食・嚥下機能の獲得・回復・維持を支援し、機能的な側面と同時に「生活の質」を高めるために行われるリハビリテーションの一領域です。

言語聴覚療法

回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患、運動器疾患などの診断を受けた患者様に対して、基本的動作能力や日常生活動作能力、家事動作能力を向上させ、在宅復帰へと繋げることを目的としたリハビリテーションを行っています。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、社会福祉士などが共同で患者様に対応したプログラムを作成し、これに基づいた医療を提供しています。

回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟

地域包括ケア病床

地域包括ケア病棟は「ときどき入院ほぼ在宅」を理想としており、在宅療養中の方でも、病状の悪化により入院加療が必要な場合や、一時的に在宅介護が困難になった場合の入院も可能であり、病院と在宅との架け橋になれるように退院支援を行っています。

地域包括ケア病床

 

「リハビリテーション科」トップに戻る

トップに戻る


トップに
戻る